個人経営の塾なので勉強の後夕食をご馳走になってます

無事に大学に合格できたので、この春から前から話をもらっていた塾の講師としてアルバイトを始めた。その塾は私も卒業生で、中学受験の時に大変お世話になった地元の塾だ。



私の地元には大手も中堅も中学受験塾は沢山の数があり、絶対的なデータ数やカリキュラムを誇る塾。教材の秀逸さで難関中学合格数を誇る塾。手厚い指導で中堅レベルの学校に、手堅く合格を勝ち取ることができる個人経営の塾など様々だ。それぞれの塾に特色があり、この学校ならこの塾が強いとか、こんな生徒はこの塾が合うとか、塾は上手に選ばなくてはならないだろう。

偏差値一覧|首都圏模試データ|中学受験|首都圏模試センター

私の勤める塾は個人経営なので、勉強の後に夕飯をご馳走になる程アットホームな雰囲気だ。生徒と先生の関係もアットホームで、先生は皆、生徒からあだ名で呼ばれる。成績別のクラス分けも5年生からあるが、大手塾と違うところは、トップレベルのクラスの生徒ほど優秀な先生が教え、下のレベルのクラスは経験の浅い先生が教えるというようなことはなく、どのクラスも同じ先生に教えてもらえる。これは常々、出来の悪い子ほど教え方のうまい優秀な先生が教えるべきだと思っていた私には、この塾の良い点だと思っている。また、大手のようにカリキュラムがないことで、生徒一人一人にあった指導をする必要があり、それもこの塾の最大のメリットだと思う。

将来の安定を確保したいならなど | 偏差値の現実 - 高校受験ナビ

模試の偏差値は参考程度で、あくまでもその生徒一人一人の能力を見て、過去問との相性なども参考に受験校を決定する。合格実績など塾側の宣伝に使うための受験校のおしつけなどは全くなく、合格可能性が低くても、本人の熱意があればチャレンジ校を受けることも否定しない。生徒の可能性を最大限考慮する塾なのだ。