レベルの低い男とのお見合いなんてまっぴらです

父が胆石で入院したので学校の帰りにお花を買ってお見舞いに行きました。胆石なんて死ぬわけではないし、本当はお見舞いなんて大げさだと思っているのですが、母がうるさくいうのでしかたありません。

映画館に行こう!

父は特別室の料金を払って1人部屋に入院しています。入院中でもひっきりなしに仕事関係の連絡が入りますし、実際に会社の人が出入りしているようです。病院に到着した時、父の病室のドアは開いていて、カーテンだけが半分ほど閉められていました。覗き込んで挨拶をしかけた時、来客が私の知っている人の声だということに気がつきました。父の部下です。

許嫁との婚約を破談したったwwww BIPブログ

その部下は若手社員の中で父が最も信頼している人ですが、顔がダンカンに似ています。真顔でもいつも焦っているような角ばった顔をしていて、私はどうしても好きになれません。それなのに母から、その人と私のお見合いの話があると言い出したので驚きました。自分で言うのもなんなのですが、私はルックスに恵まれています。ファッションセンスも自信がありますし、大学も決して恥ずかしくない名前の学校です。現在お付き合いしている人はいませんが、それは特に私が求めていないからで、その気になればいくらでも候補の男性はいるのです。



父が信頼している部下といっても、所詮父の下の人です。将来出世をするとしても、父を超える人物とは到底思えません。私のレベルに見合った男性ならまだしも、レベルの低い男とのお見合いなんてまっぴらです。お見合いするのなら医者や弁護士など、ハイクラスの男性でないと意味がありません。父と同じ会社の男性なんて、それ以上にはなれないということではないでしょうか。父も母もどうかしていると思います。