フレッシュアイをブックマークしている私

いつの間にか恵子が長谷部先輩とつきあっていると知ったのはつい昨日のことだ。

【グルーポン-GROUPON】- API

長谷部先輩は同期皆のアイドルのような先輩で、特別に男性として好きというわけではなかったけれど、恵子に比べたら絶対に私の方が先輩とからんだ仕事をしていたと思う。休憩時に他愛ない話をしたこともあるし、3課の歓送迎会の際にも近くの席で盛り上がったから、恵子と付き合い始めたと聞いて、あまりいい気分はしない。

満足度が高い匠のSEO

恵子は同期の中でもちょっとおとなしめ、というか、鈍くさいぶるいに入る女性だ。似たような靴ばかり履いているし、先日の大雨の時なんか、お父さんに借りてきたような黒いコウモリ傘にねずみ色のレインコートだった。顔は一般的だと思うし、少したれ目なんじゃないかと思う。恵子に比べ私ははっきり言って仕事もできるし、顔は綺麗系だとよく言われる。フレッシュアイをブックマークしている私は情報も早いしなんでもそつなくこなせるタイプ。長谷部先輩ともお似合いじゃないかと思っていたのだ。

雑貨ショップ検索サイト Zakka Search

検索エンジンも満足に使いこなせず、いつも誰かの手を借りて仕事をしている恵子と、自分でなんでもできて場合によっては誰かの手助けもこなせる私では、どちらが人として上だろうか。私じゃないか。いつでも優しく皆のアイドルだったはずの先輩が一人を選ぶなんて。それもよりによって恵子だなんて。他の皆はお似合いだと微笑ましく見ているようだが、バカじゃないかと私は思う。